「走錨リスク判定システム」の更新について

走錨リスク判定システム Ver.2を公開しました。
□初期設定で選択できる船が増えました。
□風向や波向を確認する画面を追加しました。
□双錨泊における開き角を設定できるようになりました。
□これまでの検証を踏まえ走錨リスクの閾値が変更されました。
無償で配布しておりますので是非ご利用ください。

リリースのお知らせはこちらから
https://www.nmri.go.jp/news/another_news/2022/news20220912.html
ソフトのダウンロードはこちらから
https://www.nmri.go.jp/ikaring/index.html
走錨リスク判定システムWEBアプリ版はこちらから
https://cloud.nmri.go.jp/portal/pub/anchor

ユーザーアンケートを募集中です。ご意見をお寄せ下さい。
https://forms.gle/mHvUCodMsPFNNYbz8

☆走錨リスク判定システム(錨ing)とは?
 走錨リスク判定システム(錨ing)はユーザーである船長や船員が、船舶、錨泊候補地、気象・海象等のデータを入力することにより、
自船の走錨リスクを高中低の3段階で判定することができるシステムです。
船長や船員はこのリスク情報を参考にして、自船の適切な錨泊事故防止対策の選択ができます。
オフラインで利用できるPC版とオンラインで利用するWEBアプリ版があります。
いずれも無償でご利用・ダウンロードできます。

「内航貨物船における感染症対策に係る港湾の新たな取り組み」について

国交省から内航貨物船の乗組員に新型コロナ罹患者が
発生した場合、国交省海事局への通知に加えて港湾管理者にも同様の通知
をして頂きたい旨の協力要請が出ております。

〇内航貨物船における感染症対策に係る港湾の新たな取り組み

内航課補足_

【情報】海の日プロジェクト2022にキティちゃんが登場しました。

海事局総務課ではCtoSeaプロジェクト(参照:https://c2sea.jp/ctosea/project.html)の取組の一つとして海の日プロジェクト2022特設サイトを公開しています。

特設サイト内に「ハローキティと一緒に海のこと、いろいろ知ろう」が公開されました。

その他にも様々なコンテンツやツイッターやインスタグラムもございますので、

ご覧いただきますようお願い申し上げます。

 

<本編>

https://youtu.be/xeSY-W5wNY0

<海ココポータルサイト>

https://c2sea.jp/uminohi2022/ では本動画を掲載しております。

 

〇SNSの取組

<Twitter>

https://twitter.com/c2_sea_project

<Instagram>

https://www.instagram.com/c2.sea.project/

 

令和4年度「AI・IoT等を活用した更なる輸送効率化推進事業費補助金(内航船の革新的運航効率化実証事業)」に係る補助事業者の2次公募について

詳しくは、以下のリンクをご覧ください。
https://www.enecho.meti.go.jp/appli/public_offer/2022/0901_01.html
募集期間は、令和4年9月1日(木)~令和4年9月21日(水)17:00必着です。
本件に関するお問い合わせ先は、つぎのとおりです。

<公募に係る全般的なお問い合わせ先>
〒100-8931 東京都千代田区霞が関1丁目3番1号
経済産業省 資源エネルギー庁 省エネルギー・新エネルギー部 省エネルギー課
担当:野間、佐藤
電話:03-3501-9726

<事業内容に係るお問い合わせ>
国土交通省 海事局 海洋・環境政策課
担当:山村、矢嶋
電話:03-5253-8636